青森、沖縄、グァテマラ、岡山で生活してきたカフェ好き主婦の自由なブログです。


by tyukita
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

passion

宇多田ヒカルさんの、passionという曲が好きだ。正確には、passionという曲をよく聞いていた頃の自分が好きなのかもしれない。
今から見たら、大した悩みもないはずなのに小さなことで傷つき、自由で、青くて、若くて、大笑いな日々。
今だって青いのだが、以前より確実に増えた悲しみがある。それは、人の死。年老いた人はともかく、若い人もいなくなってしまう。この日本においてもサバイバルなのだなと思う。辛いし、寂しい。

しかし、思う。
こんな、大人の悲しみは、これから先もあり続けるだろう。理不尽でやり切れない出来事ほど、本当は深い意味があるのだと。その意味を知るのは自分が死ぬときかもしれない。死んでからかもしれない。だけれど、後に思い出したら、苦しい時ほど、きっと糧になるのだと思う。あの悩んだ日々が、泣いた日々が、黄金の日々だったのだと思うだろう。

ただのきれいごとで思うのではない。
グァテマラを離れる時、そんな気がした。苦しんだ時こそ、人のありがたみを感じ、自分のいたらなさを感じ、そして何より一所懸命だった。
苦しんでいる時、余裕のない時にも、一緒にがんばれ、だいじょうぶ、と見守ってくれる存在を感じる。神様は親のようなものだというなら、私はそうちゃんが苦しんだ時こそ見守っていたい。楽しい時は友だちと楽しくやっていて欲しい。成人したら、苦しんだ時だけ親を思い出して欲しい。感謝などいらない。そういう存在を私も感じる。苦しいときこそ、愛情を感じる。今、私は磨かれているのだと。


わたしたちに できなかったことを とても なつかしくおもう

もう会えなくなった愛しい人達に会える懐かしい未来が、いつかくるだろうか
その日まで、前を向いて歩いて行きたい。

[PR]
by tyukita | 2014-07-01 03:16 | 1104〜育児、育自